十三回忌2009/04/11 21:31

単車で法事に行く奴
旧い友達の十三回忌に出席してきた。
 
彼とは、小学生の頃に知り合った。
僕が余所から転校してきて、最初に友達になってくれたのが彼だった。
 
すぐに意気投合して、ずいぶん良く遊んだ。
彼は漫画が得意で、僕も教えてもらって一緒に描いた。
しかし、中学の後半に入ってから疎遠になり、
高校に入ってからは全く会わなくなってしまった。
別に特別な話じゃない。誰にでも思い当たる節が一つや二つはあると思う。
そういうものなんだ、たぶん。
子供の頃の友達って、後ろ暗い記憶を共有しているせいか、
妙に鬱陶しくなることがある。
 
僕らが再びつるむようになったのは、
同窓会がきっかけだった。
お互い、バイクに乗っていることで話が合った。
 
僕はその時既に社会人だったし、
彼は一度入学した大学を編入して、美大で造形を学んでいたから、
それほど頻繁に会っていた訳ではない。
今思い返すと、それで良かったと思う。
僕らは似ているところも沢山あったけれど、
嗜好の向きは全く違っていて、互いにむかつくこともかなりあったからだ。
 
十代の頃、鬱陶しかった関係が、昔の仲間に戻った感じだった。
僕らはすごく打ち解けて話すことができた。
僕らは心おきなく喧嘩することができた。
 
やがて僕がそんな感じを共有できる相手は、ほとんど彼一人になっていた。
 

 
彼は刀乗りだった。
刀に乗っている時に不慮の事故で亡くなった。
 
彼の死をきっかけに、僕はバイクへの興味を失った。
走ることは既に愉しくなくなっていた。
正直、バイクはもういいと思った。
でも、何かが引っ掛かって僕にバイクを降りることを躊躇わせた。
 
もし逆に僕がバイクで死んで、
奴がバイクを降りたとしたら、どうだろう。
 
 
僕はそんなの嫌だ。絶対にだ。
 
 
シラけた自分を誤魔化すために、僕は彼と同じバイクに乗ることにした。
我ながらウエットで情けない理由だと思う。
人生に「たられば」はないが、彼が生きていたら、
僕のバイクライフは今とずいぶん違うものになっていた筈だ。
まさか僕が刀乗りになるなんて。
それも10年以上も乗り続けることになるなんてね。
 
彼が「葱、結構ヤルジャン」と言ってくれるような、
そんな刀乗りに、僕はいつかなりたくて走っている。
 
そんな日が来るかなんてわからないし、
ずっと来ないのかもしれないけれど。

コメント

_ ゴロー ― 2009/04/16 02:09

似た状況になり、新たにバイクを購入します。
一緒にいて楽しかった日々が、少しでも色あせないように。

_ McCourt@管理人 ― 2009/04/17 08:47

> ゴロー氏
> 似た状況になり、新たにバイクを購入します。
> 一緒にいて楽しかった日々が、少しでも色あせないように。
 
ゴローさんも結構アナログな方だったんですねw
 
初めのうちは、結構キツイです。
記憶が、纏わりついてくるんです。良いことも。悪いことも。
でも、そのキツイ時期は、あるときふっと抜けることができます。
人間は忘れる動物で、忘れるって実はすごい能力で、
前に進めるように脳が取捨選択して、自分に都合のいいことだけ憶えてるw
こーゆう風に感じているのは僕だけかもしれませんけれど。
 
運良くそのバイクと馬が合えば、長く乗ることができますが、
もし走んないバイクだとちょっと困っちゃいますね。
 
ゴローさんなら超~走るマシンに仕上げちゃうから問題ないかw

_ KAORI(ROU) ― 2009/04/20 21:02

ああ、makotoさんが刀に乗ってるのはそういう理由だったんですね・・・
色んなバイクに乗られていて、衝動買いみたいに買ったかと思えば
容易く手放して、かと思えば刀とSRXはどんな事があっても大事にしてて
両極端な人だなぁと思ってたけど納得しちゃいました。

_ makoto@管理人 ― 2009/04/21 00:40

> KAORI(ROU)嬢
 
どもご無沙汰してます。

うーん。刀とSRXの2台は腐れ縁なので、乗り潰すと思います。
3台目は僕的にはリザーブマシンと言う位置づけでして、
琴線に触れた苦労せず遊べて面白そうなバイクを、
比較的余裕があるときにゲトしています。
だから、楽しめるうちはいいけれど、維持が苦しいとなればすっと手放しちゃう。
 
できることなら長く乗りたいんです。
でも、ダー氏と違って甲斐性ないの orz

_ KAORI(ROU) ― 2009/04/21 14:29

うちのバイクも、3台共10年以上乗っているのばかりですよ(^^;

私もダーも「好きなバイクは乗り潰す」主義なので(笑)
ま、お金無いのと新型で乗りたいバイクが無いのも大きいんですが。
お家のローンでイッパイイッパイなので
多分、これからも直し直し一生乗り続けるんだろうな~

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック